日本楽譜出版社

日本楽譜出版社

楽譜のご案内
ご注文について

今後の刊行予定

※刊行予定時期は変更になる場合があります。
画像
composer Strauss II, Johann
作曲家 シュトラウス子, ヨハン
解説者 伊藤剛
ジャンル 管弦楽曲
品番515
版型A5 / 43頁
発売2023年11月
価格¥1100+税
内容:

ヨハン・シュトラウス2世のワルツ〈朝刊〉は、1863年にコンコルディアというウィーン・ジャーナリスト著述家協会の舞踏会のために作曲されたものです。この舞踏会にはオッフェンバックも自作のワルツを提供しており、同協会は二人の競争を演出するため、オッフェンバックのワルツを〈夕刊〉、シュトラウス2世のワルツを〈朝刊〉と名付けました。今日でも人気曲の一つで、ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートで採り上げられています。

画像
composer Sibelius, Jean
作曲家 シベリウス
解説者 神部智
ジャンル 管弦楽曲
品番518
版型A5 / 28頁
発売2023年11月
価格¥900+税
内容:

シベリウスの〈春の歌〉は、フィンランドの文化・教育協会からの依頼で作曲された音詩で、当初は〈即興曲〉という曲名で発表され、後に〈春の歌〉に改稿・改題されました。ある時から曲に「春の哀しみ」という副題が添えられるようになりましたが、それは作曲者の親友カルペランが「忍耐強くゆっくり訪れる北国の春、切ない哀愁について記したらどうか」と提案したからではないかと考えられています。明確な輪郭の旋律が終始全体を主導し、その瑞々しい歌謡性が曲に抒情的な色彩を加えています。北欧音楽やシベリウス研究で知られる神部智氏の解説付き。

画像
composer Strauss, Richard
作曲家 シュトラウス, リヒャルト
解説者 西尾洋
ジャンル 管弦楽曲
品番517
版型A5 / 86頁
発売2023年10月
価格¥1400+税
内容:

年下の好青年オクタヴィアンに心を寄せる元帥夫人、若い娘のゾフィーと婚約した男爵オックスをよそに、オクタヴィアンとゾフィーは結ばれる――歌劇《薔薇の騎士》はR.シュトラウスの作品のなかでもとくに多く上演されてきました。
18世紀なかばのウィーンを舞台としながらも、初演当時(1911年)に流行していたウィンナーワルツを取り入れた古典的で当世風の作品。本スコアはそこから名場面を抜粋して編まれた組曲版です。有名な〈オックス男爵のワルツ〉など、途切れずに続けて演奏される5つの部分から構成されており、演奏時間は25分程度です。

画像
composer Vaughan Williams
作曲家 ヴォーン゠ウィリアムズ
解説者 伊藤剛
ジャンル 管弦楽曲
品番519
版型A5 / 37頁
発売2023年9月
価格¥900+税
構成:Solo Violin and Orchestra
内容:

20世紀におけるイギリス音楽復興を担った作曲家の一人ヴォーン・ウィリアムズは、自国のアイデンティティを民俗音楽に見出し、民謡の語法を自分のものにすることで深みのある旋律を書きました。彼の〈揚げひばり〉は、ジョージ・メレディスの同名詩に着想を得て書かれた作品で、独奏ヴァイオリンがひばりの囀りを表現します。民謡風の美しい旋律に彩られた音楽は優しく抒情的で、田舎の牧歌的で穏やかな情景を映し出します。英米では大変人気が高く、演奏会でしばしば採り上げられています。本スコアは、独奏ヴァイオリンと管弦楽版に加え、巻末に原曲の独奏ヴァイオリンとピアノ伴奏版を収載。

画像
composer Rossini, Gioachino
作曲家 ロッシーニ
解説者 西尾洋
ジャンル 管弦楽曲 オペラ
品番510
版型A5 / 29頁
発売2023年4月
価格¥800+税
構成:
  • 1Ott,2Ob,2Cl,1Fg,2Cor,2Trb,Gr.C.,Vl,Vle,Vc,Cb
内容:序曲
画像
composer Haydn, Franz Joseph
作曲家 ハイドン
解説者 西尾洋
ジャンル 交響曲
品番509
版型A5 / 64頁
発売2023年4月
価格¥1000+税
構成:
  • 2Flauti,2Oboi,2Clarinetti(A),2Fagotti,2Corni(D),2Trombe(D),Timpani(D,A),Violini,Viole,Violoncelli e Contrabassi
内容:Adagio - Andante - Menuetto.Allegretto - Finale.Vivace

ドイツ人のハイドンがエステルハージ家での奉公を終えてイギリスに演奏旅行をした際に発表した12の交響曲の一つ。第2楽章の伴奏のリズムがあたかも時計のカチカチ音を思わせるところからついたこの題名は、ハイドンがつけたものでないものの、曲の性格をうまくとらえ、親しみやすいものにしています。その一方で、策士ハイドンは曲のいたるところに「ふつうならこうするべきところで、教養のある皆さんはもちろんご存じと思いますが、じつは!」というような驚きの仕掛けを用意しています。解説ではそういったハイドンの熟練の工夫をわかりやすく紐解いています。

画像
composer Schubert, Franz
作曲家 シューベルト
解説者 西尾洋
ジャンル 交響曲
品番511
版型A5 / 70頁
発売2022年9月
価格¥1200+税
画像
composer Grieg, Edvard
作曲家 グリーグ
解説者 石原奈保子
ジャンル 管弦楽曲
品番513
版型A5 / 55頁
発売2022年9月
価格¥1100+税
内容:

曲名は《十字軍の王シグール》《シグール・ヨルサルファル》とも訳されます。十字軍に参加して勲功をたてたノルウェーの王シグルズ1世を題材とした、ノルウェーの文豪ビョルンスティエルネ・ビョルンソンによる戯曲の上演のため、1872年、グリーグに付随音楽の作曲が依頼され、op.22として公開されました。本スコアは、後の1892年に3曲構成のオーケストラの演奏会用組曲op.56として出版されたもので、構成は、1.前奏曲(王の広場にて)、2.間奏曲(ボルグヒルの夢)、3.忠誠行進曲、となっています。特に第3曲の、荘厳な、それでいてどこか清々しさを感じられる主題は、一度聴いたら忘れがたい印象を残すでしょう。

画像
composer Strauss, Josef
作曲家 シュトラウス, ヨーゼフ
解説者 伊藤剛
ジャンル 管弦楽曲
品番512
版型A5 / 19頁
発売2022年7月
価格¥600+税
内容:単一楽章

ヨーゼフ・シュトラウスの〈鍛冶屋のポルカ〉は、1869年にウィーンのヴェルトハイム社が鉄製耐火金庫2万個販売を祝して催したパーティのために作曲されました。曲の原題は「耐火性の」を意味し、ヴェルトハイム社が製品の特性をアピールするための宣伝文句であったと言われます。邦題の〈鍛冶屋〉は、鍛冶職人が金槌で鉄を打ち鍛える音を想起させたことから付けられたものでしょう。今日でも演奏される人気曲で、しばしばウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートでも採り上げられています。