composer Kodály, Zoltán
作曲家 コダーイ
解説者 石原奈保子
ジャンル 管弦楽曲
品番 377
版型 A5 / 104頁
発売 2018年6月
税込価格 ¥1404(本体価格:¥1300)

編成:

Fl, Picc, Ob, Cl (Eb, Bb), Fg, Cor, Tr, Crnt, Trb, Btb, Timp, Tppi, Gr.C, Tb.p, Trgl, Xyl, Car, Pfte, Vl, Vle, Vc, Cb

内容:I. 前奏曲、おとぎ話は始まる II. ウィーンの音楽時計 III. 歌 IV. 戦争とナポレオンの敗北 V. 間奏曲 VI. 皇帝と廷臣たちの入場

ハンガリーの作曲家コダーイの作品のなかでも、とりわけ〈ハーリ・ヤーノシュ〉はよく知られた一曲です。ハーリ・ヤーノシュとはハンガリーの歴史上の人物で、かつてナポレオン戦争を戦った兵士でした。老いて兵役を退いた彼は、きょうも酒場にたむろして過去の手柄話を語ります。若き日の農民ハーリが大都会ウィーンを訪れた際の驚きから、恋人との思い出、ナポレオン戦争での合戦に勝ってふたたびウィーンの王宮に凱旋する場面まで、想像力とユーモアに満ちたハーリ・ヤーノシュの語りが音楽で描かれています。日本では吹奏楽のレパートリーとしても知られる一曲ですが、実は元々オペラとして作曲され、後に組曲へとまとめられました。オリジナルの管弦楽スコアを眺めれば、また何か新たな発見があるかもしれません。