composer Weber, Carl Maria von
作曲家 ウェーバー
解説者 濱田滋郎
ジャンル 管弦楽曲
品番 367
版型 A5 / 48頁
発売 2017年5月
税込価格 ¥864(本体価格:¥800)

編成:

2Fl, 2Ob, 2Cl, 2Fg, 4Hr, 2Trp, 3Trb, Timp, Vn. I, Vn. II, Vla, Vc, Cb.

内容:

ロマン派におけるドイツ・オペラを確立した作曲家として知られるヴェーバーですが、なかでも歌劇〈オイリアンテ〉の序曲は今日でも広く演奏されるレパートリーのひとつです。中世の恋愛物語に基づいた脚本では、12世紀フランス地方の王女オイリアンテと伯爵アドラールの恋愛模様が描かれています。ヴェーバーならではの色彩的な管弦楽法の技術が活かされた本作では、さらに後年ヴァーグナーらにより発展されることになるライトモティーフ(示導動機)の萌芽も見て取ることができます。ヴェーバー円熟期の一曲をお楽しみください。