composer Schönberg, Arnold
作曲家 シェーンベルク
解説者 伊藤康英
ジャンル 吹奏楽
品番 408
版型 A5 / 63頁
発売 2015年5月
価格 ¥1000+税

編成:

Picc, 2Fls, 2Obs, 2Bsns, Es Cl, Solo Cl, 3Cls, Alto Cl, Bass Cl, 2 A.Sax, T.Sax, B.Sax, 2Crnts, 2Trps, 2Flghns, 4Hrns, 3Trbs, Baritone, Euph, Basses, Tubas, Str.B, Timp, Side Dr, Cymb, B.D.

内容:

新ウィーン楽派の牽引者として知られるシェーンベルクは、しかしその晩年にはアメリカ・ロサンゼルスに居住していました。これは第二次大戦時のナチス・ドイツによるユダヤ人迫害を避けての亡命によるものです。ウィーンでは十二音技法などの難渋な作風を誇ったシェーンベルクですが、アマチュアによる吹奏楽が活発なアメリカでは、高校生の吹奏楽団でも演奏な作品を、との作曲依頼を受けます。そうして1943年に完成したのがこの「主題と変奏」でした。親しみやすい明確な調性をもちつつ、西洋音楽の古典的作曲技法に通じたシェーンベルクらしい堅固な変奏が繰り広げられる一曲です。