composer Berlioz, Hector
作曲家 ベルリオーズ
解説者 松本秀喜
ジャンル 管弦楽曲
品番 42
版型 A5 / 64頁
発売 1964年9月
税込価格 ¥648(本体価格:¥600)

編成:2Fl(Picc), 2Ob(E.H.), 2Cl, 4Fg, 4Hr, 2Tp, 2Cornets, 3Tb, Timp, Tri, 2Drums, Cym, Vn I(15), Vn II(15), Va(10), Vc(10), Cb(9)

内容:単一楽章

オペラ〈ベンヴェヌート・チェッチーリ〉の第2幕のための序曲として作曲されながら、のちに演奏会用序曲として独立したのがこの「ローマの謝肉祭」です。音楽史上初めて「管弦楽法」を本にまとめたベルリオーズらしく、色彩的にオーケストラの能力をすみずみまで引き出した楽器法と、それに密着した音楽内容が魅力的なこの序曲は、ベルリオーズがいくつか書いた序曲の中でも最も演奏頻度の高い作品でしょう。楽譜ではっきり見る事で、巧みに楽器が組み合わされたオーケストレーションがいかに時代を先取りした先進的なものかがわかるでしょう。まさに天才的な音楽の色彩が凝縮された1曲。耳だけでなく、目でも接してみてください。