composer Bartok Bela
作曲家 バルトーク
解説者 濱田滋郎
ジャンル 管弦楽曲
品番 298
版型 A5 / 32頁
発売 2007年4月
税込価格 ¥540(本体価格:¥500)

編成:

2Fl, 2Cl, 2Fg, 2Hr, Vn I, Vn II, Va, Vc, Cb

内容:
  • I.棒踊り
  • II.帯踊り
  • III.足踏み踊り
  • IV.アルペンホルンの踊り
  • V.ルーマニアのポルカ
  • VI.速くて細かいステップの踊り
  • VII.速くて細かいステップの踊り

あれ、ピアノで弾いた事あるぞ?と思った方もいらっしゃるのでは?
そう、ピアノ曲としても人気のこの「ルーマニア民俗舞曲」には、バルトーク自身の手によるオーケストラ版も存在しているんです。

最近ではテレビのリフォーム番組のBGMとしても度々使われていましたから、聴けば「あ!知ってる!」と思う人も多いはず。

タイトルからも想像できるように、この曲はルーマニアの民謡をもとにして作られています。バルトーク作品としては手頃なサイズ、土臭く郷愁漂わせる和音設定、終曲での爽快な疾走感。聴く人へのサービス精神旺盛なこの曲で、オケコンとは別のバルトークを知ってみてはいかがでしょうか?