composer Hindemith,paul
作曲家 ヒンデミット
解説者 江藤光紀
ジャンル 交響曲
品番 388
版型 A5 / 90頁
発売 2019年4月
価格 ¥1500+税

内容:Ⅰ天使の奏楽 Ⅱ埋葬 Ⅲ聖アントニウスの誘惑

交響曲〈画家マティス〉は、ヒンデミットの代表作であると共に、彼の創作の転機を画した作品です。芸術創作と社会との板挟みになった芸術家の葛藤をテーマにしており、同名のオペラと並行して作曲、1934年に初演され大成功を収めました。各楽章は、画家マティスことマティアス・グリューネヴァルトの〈イーゼンハイムの祭壇画〉に含まれるパネルと関係づけられています。作曲者は標題音楽ではないとしながらも、「絵を見ている時と同じ心的状態を生み出すことを目指した」と述べています。モダンな空気感を湛えた幻想的な音楽を、本スコアと共にお楽しみ下さい。