composer Schumann, Robert
作曲家 シューマン
解説者 濱田滋郎
ジャンル 管弦楽曲
品番 371
版型 A5 / 70頁
発売 2018年1月
税込価格 ¥1080(本体価格:¥1000)

編成:

2Fl, 2Ob, 2Cl, 2Fg, 2 Ventihorn, 2 Waldhorn, 3Trp, 3Trb, 2Timp, Vn1, Vn2, Vla, Vc, Cb

内容:

シューマンの残した管弦楽作品のなかでも、劇音楽〈マンフレッド〉の序曲は広く知られている一曲です。イギリスのロマン派文学を代表する詩人バイロンの詩劇〈マンフレッド〉の付随音楽として作られたこの作品では、13世紀に実在した人物であるマンフレッドが題材となり、さらに自由な幻想の世界が広がっています。アルプスの魔女や女神なども登場するロマンティックな作風の〈マンフレッド〉を、しかしシューマンはむしろマンフレッド個人の葛藤や生き方に着目し、序曲のなかに音楽化しました。その独特な管弦楽法でも知られるシューマンの一曲、ぜひスコアとともにお楽しみください。

composer Schumann, Robert
作曲家 シューマン
解説者 菅野浩和
ジャンル 協奏曲
品番 105
版型 A5 / 180頁
発売 2013年2月
税込価格 ¥1728(本体価格:¥1600)

編成:

Fl, Ob, Cl, Fg, Hr, Tp, Timp, Pf, Vn, Va, Vc, Cb

内容:Ⅰ.Allegro affettuso Ⅱ.Intermezzo. Andantino grazioso Ⅲ.Allegro vivace

メンデルスゾーンのピアノ協奏曲に刺激を受けたシューマンが、自作〈ピアノと管弦楽のための幻想曲〉をもとに、新たに2つの楽章を加えて完成したのがこの作品です。ピアノ主導ではなくオーケストラが大きな役割を果たし、互いがしっかりと結びついて独特の響きを作り出しています。彼の妻クラーラの独奏を念頭に書いた曲だけあって、ロマンティックな旋律が全篇にわたって盛り込まれています。

composer Schumann, Robert
作曲家 シューマン
解説者 西尾洋
ジャンル 交響曲
品番 379
版型 A5 / 181頁
発売 2018年12月
税込価格 ¥1836(本体価格:¥1700)

編成:

Fl2, Ob2, BbCl2, Fg2, Cor4, Trp2, 2Timp, 弦5部

内容:I. Lebhaft (Vivace) II. Scherzo. Sehr mäßig (Molto moderato) III. Nicht schnell (Non presto) IV. Feierlich (Solenne) V. Lebhaft (Vivace)

ロマン的な性格の強い歌曲や小品で知られるシューマンは、交響曲についても4つの作品を書き残しています。なかでも交響曲第3番は〈ライン〉の通称で知られており、その素材にはシューマンが愛用した妻クララの音形が用いられました。管弦楽法の面では熟達していなかったという評価も聞かれるシューマンですが、その楽器法をむしろ独自の個性と捉えれば、そこに新たな価値を見いだすこともできましょう。