composer Leoncavallo, Ruggero
作曲家 レオンカヴァッロ
解説者 濱田滋郎
ジャンル 管弦楽曲
品番 345
版型 A5 / 7頁
発売 2014年12月
税込価格 ¥432(本体価格:¥400)

編成:

Picc, 2Fl, Ob, C.I., 2Cl, 2Fg, Clarone, 4Hr, 2Trp, 3Trb, Tuba, 2Timp, 2Arpa, Vn1, Vn2, Vla, Vc, Cb

内容:

後期ロマン派の時代に活躍した作曲家レオンカヴァッロは、その代表作であるオペラ〈道化師〉によって知られています。当時のイタリア・オペラ界では、ヴェリズモ(真実主義)という、宮廷や上流社会に属しない庶民の日常を描いたオペラ作品が流行しました。〈道化師〉はこのヴェリズモの代表的作品のひとつであり、同時期にヒットしたヴェリズモ・オペラ〈カヴァレリア・ルスティカーナ〉に触発されて書き下ろされました。間奏曲は美しい旋律をもち、このオペラに描かれた道化師の悲しみと喜びが凝縮された味わい深い一曲です。