composer Faure, Gabriel
作曲家 フォーレ
解説者 島信愛
ジャンル 管弦楽曲
品番 305
版型 A5 / 72頁
発売 2008年11月
税込価格 ¥756(本体価格:¥700)

編成:

2Fl, 2Ob, 2Cl, 2Fg, 4Hr, 2Tp, Timp, Hp, Vn.I, Vn.II, Va, Vc, Cb,

内容:
  1. 前奏曲
  2. 糸を紡ぐ女
  3. メリザンドの歌
  4. シシリエンヌ

フルートやチェロ、そしてその他多くの楽器奏者が幾度となくコンサートで、CDで愛奏してきた大人気曲"シシリエンヌ"を含むフォーレの組曲「ペレアスとメリザンド」が登場です!

メーテルリンクの戯曲「ペレアスとメリザンド」にはドビュッシー、シェーンベルク、シベリウスと言った作曲家も音楽を書いていますが、フォーレもこの戯曲のために19曲からなる劇付随音楽を書きました。尤も、当時忙しかったフォーレは、1ヶ月ほどでこの曲を書き上げ、室内オーケストラへの編曲を弟子のシャルル・ケクランに任せています。
そして後にフォーレ自身が新たに5曲を抜き出し、2管編成オーケストラ用に新たに編曲し治したのがこの管絃楽組曲「ペレアスとメリザンド」です。ただし5曲目の「メリザンドの死」だけは声楽が必要となるので、今日では残りの4曲だけを演奏することが多く、日譜版「ペレアスとメリザンド」も、今日演奏機会の多い4曲収録の管絃楽組曲となっています。

中でも日本では「シシリエンヌ」の人気が飛び抜けて高く、楽器愛好家のあこがれの曲として、また絶好のコンサートピースとして多くの編曲で演奏されていますが、日譜のスコアを手に、他の3曲とともに是非フォーレ自身のオリジナル版をご堪能下さい。島信愛氏による充実の解説付きです。