composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 松本秀喜
ジャンル 管弦楽曲
品番 82
版型 B6 / 32頁
発売 1965年3月
税込価格 ¥432(本体価格:¥400)

編成:Picc, Fl, Ob, Cl, Fg, Hr, Tp, Tb, Timp, B.D, Cym, Tri, Vn, Va, Vc, Cb

内容:単一楽章

composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 佐々木茂生
ジャンル 管弦楽曲
品番 339
版型 A5 / 30頁
発売 2013年4月
税込価格 ¥756(本体価格:¥700)

編成:

2Fl, 2Ob, 2Cl, 2Fag, 4Cor, 2Timp, Trgl, 2Vl, Vla, Vc, Cb

内容:

ドヴォルザークの有名な〈スラヴ舞曲 第2番 ホ短調〉、日譜より待望の登場です!
ドヴォルザークはその生涯の中で、ふたつの〈スラヴ舞曲集 Slawischer Tanz〉を発表しています。これらの舞曲集にはそれぞれ8曲の舞曲が収められています。その中でも、今回発売する第2集の第2番は、NHKの『名曲アルバム』初回放送でも取り上げられたほどの、たいへん人気のある作品です。
巻末には、フリッツ・クライスラーによるヴァイオリンとピアノの二重奏のための編曲も付属しています。

composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 松本秀喜
ジャンル 管弦楽曲
品番 81
版型 B6 / 40頁
発売 1970年1月
税込価格 ¥540(本体価格:¥500)

編成:Fl, Ob, Cl, Fg, Timp, Cym, B.D, Tri, Vn, Va, Vc, Cb

内容:単一楽章

composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 佐々木茂生
ジャンル 弦楽オーケストラ
品番 117
版型 B6 / 88頁
発売 2002年5月
税込価格 ¥756(本体価格:¥700)

編成:Vn I, Vn II, Va, Vc, Cb

内容:Moderato
  • Ⅰ.Tempo di Valse
  • Ⅱ.SCHERZO. Vivace
  • Ⅲ.Larghetto
  • Ⅳ.FINALE. Allegro vivace

composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 福富秀夫
ジャンル 協奏曲
品番 115
版型 A5 / 152頁
発売 2002年7月
税込価格 ¥1620(本体価格:¥1500)

編成:Solo Vc, Picc, Fl, Ob, Cl, Fg, Hr, Tp, Tb, Tub, Timp, Vn, Va, Vc, Cb

内容:
  • Ⅰ.Allegro
  • Ⅱ.Adagio, ma non troppo
  • Ⅲ.Finale - Allegro moderato

composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 石原真
ジャンル 交響曲
品番 356
版型 A5 / 142頁
発売 2016年2月
税込価格 ¥1620(本体価格:¥1500)

編成:

2Fl(1Picc), 2Ob(1C.i), 2Cl(A), 2Fg, 4Cor(F), 2Trp(F), 3Trb(2+basso), Tub, Timp, Vn1, Vn2, Vla, Vc, Cb

内容:I. Allegro con brio II. Adagio III. Allegretto grazioso - Molto vivace IV. Allegro ma non troppo

1889年、ドヴォルザークが48歳のときに作曲した〈交響曲第8番〉は、同氏の代表作というべき〈新世界〉に次いで広く知られています。晴れ晴れとした明るい曲調は、ドヴォルザークの故郷であるボヘミアを思わせる響きと相まって、聴くものに豊かな田園的情緒を感じさせてくれます。アマチュア・オーケストラのレパートリーとしても人気のある〈交響曲第8番〉は、クラシック音楽入門にも最適な一曲です。近年では珍しくなった手書き浄書譜の味わいとともにお楽しみください。

composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 岡本種穂
ジャンル 交響曲
品番 36
版型 B6 / 168頁
発売 1964年8月
税込価格 ¥972(本体価格:¥900)

編成:2Fl, 2Ob, 2Cl, 2Fg, 4Hr, 2Tp, 3Tb, Timp, Vn I, Vn II, Va, Vc, Cb

内容:
  • I. Adagio - Allegro molto
  • II. Largo
  • III. Scherzo (molto vivace)
  • IV. Allegro con fuoco

1892年にニューヨーク国民音楽院に招かれたチェコの作曲家ドヴォルザークが、この年から翌年にかけて作曲したのがこの「新世界より」です。つまり「新世界」とはアメリカの事。現在のように飛行機もない時代に、ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸との間には、想像を絶する物理的・文化的な隔たりがあったことでしょう。そんな新しい世界に身を投じたドヴォルザークが、アメリカ大陸の精神に則った旋律による作品を書こうとして生まれたのがこの交響曲、というわけです。 「家路」の愛称でも親しまれる第2楽章の哀愁を帯びた旋律は、日本の小学生にまで広く知られるようになっていますし、その他の楽章にも一度聴いただけで覚えてしまえそうな印象的な旋律が溢れたこの曲は、世界中で愛されています。今や単にアメリカからヨーロッパに向けて出された音楽的なメッセージの枠を超えて、過去から受け継がれる音楽遺産の一部になっているとすら言えるのではないでしょうか。 しかし魅力は旋律だけに留まりません。ドヴォルザーク一流の楽器法や交響曲としての音楽形式など、楽譜と向き合うことでよく見えてくる魅力をまだまだたくさん備えているのが、この曲が「名曲」として上位に数えられる所以ではないでしょうか。日譜版のミニチュアスコアで、この曲の多角的な魅力に触れて下さい!

composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 溝部国光
ジャンル 室内楽
品番 124
版型 A5 / 40頁
発売 1965年10月
税込価格 ¥540(本体価格:¥500)

編成:2Vn, Va, Vc

内容:
  • Ⅰ.Allegro ma non troppo
  • Ⅱ.Lento
  • Ⅲ.Molto vivace
  • Ⅳ.Finale - Vivace ma non troppo

composer Dvorak, Antonin
作曲家 ドヴォルジャーク
解説者 濱田滋郎
ジャンル オペラ
品番 369
版型 A5 / 15頁
発売 2016年7月
税込価格 ¥648(本体価格:¥600)

編成:

Fl2, Ob2, E.H, Cl2, B.Cl, Bsn2, Hr(F)4, Trp(Bb)1, Percussion(Timp, Tri, Cym), Harp, Voice, Vn1, Vn2, Vla, Vc, Cb

内容:

交響曲〈新世界〉などで知られるドヴォルジャークですが、彼がオペラを手がける作曲家でもあったことをご存知でしょうか。その代表作というべき歌劇〈ルサルカ〉では、水の精ルサルカと人間の王子との悲恋がメルヘンチックに描き出され、なかでも劇中、ルサルカが王子への想いを歌い上げるアリア「月に寄せる歌」は、その甘美な響きによって広く親しまれています。作曲家の母国語であるチェコ語のほか、ドイツ語で歌われる機会も多い「月に寄せる歌」ですが、スコアには今回、これら二ヶ国語の歌詞を併記しました。ドヴォルジャークらしい旋律の美しさに満ちた、ロマンティックなアリアをお楽しみください。