composer Strauss II, Johann
作曲家 シュトラウス子, ヨハン
解説者 濱崎大吾
ジャンル 管弦楽曲 声楽・合唱曲
品番 244
版型 A5 / 48頁
発売 2015年12月
税込価格 ¥756(本体価格:¥700)

編成:Picc, Fl, Ob, Cl, Fg, Hr, Tp, Tb, Timp, Drum, S.D, Hp, Vn, Va, Vc, Cb

内容:単一楽章

ワルツ〈春の声〉は、ヨハン・シュトラウス2世が57歳のときに作曲されました。現在では管弦楽版が広く知られていますが、元々はソプラノの独唱を含む編成で、初演では歌手のビアンカ・ビアンキがソリストを務めました。劇作家リヒャルト・ジュネーの詩作〈春の声〉による歌詞は、はちきれんばかりの喜びをもって春の訪れを謳い、シュトラウスはこれに春らしく朗らかな曲調をもって応えました。1987年のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤー・コンサートでは、日本でもよく知られたキャスリーン・バトルが独唱に招かれました。日譜の新版では、管弦楽版のスコアに加え、独唱の歌詞とその日本語訳も収録しています。