composer Bach, Johann Sebastian
作曲家 バッハ
解説者 西尾洋
ジャンル 管弦楽曲
品番 153
版型 A5 / 38頁
発売 2014年8月
税込価格 ¥756(本体価格:¥700)

編成:

3Tp, 2Timp,3Ob, Vn, Vla, Bassi, Fg

内容:I. Ouverture II. Bourree I Bourree II III. Gavotte IV. Menuet I Menuet II V. Rejouissance

バッハはドイツの作曲家ですが、この《管弦楽組曲》は、フランスの、とりわけ作曲家フローベルガーが確立したといわれる「バロック舞曲による組曲」の伝統にのっとって書かれました。第4番はバッハのライプツィヒ時代に作曲されたといわれ、第1曲のフランス風序曲に続いて、ブーレ、ガヴォット、メヌエット、レジュイサンスと、舞曲を中心とした第2曲〜第5曲が並びます。バッハ自身は《序曲 ouverture》と題したこの作品、バロック期の管弦楽史を辿るうえでも重要な楽曲のひとつであるといえるでしょう。