composer Mahler, Gustav
作曲家 マーラー
解説者 西尾洋
ジャンル
品番 373
版型 A5 / 169頁
発売 2017年11月
税込価格 ¥1944(本体価格:¥1800)

編成:

2Fl, 2Picc, 3Ob, E.Hr/Ob, 3Cl, Bscl/Cl, 3Fg, 7Hr, 4+5Trp, 3+4Pos, Tub, Pauker1, Pauker2, Trgl, Becken, Gr.Tr, Harfe, Tam-t, Vn1, Vn2, Vla, Cello, Bass

内容:I. Langsam. Schleppend. wie ein Naturlaut. - Im Anfang sehr gemächlich. II. Kräftig bewegt, doch nicht zu schnell. III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen. IV. Stürmisch bewegt.

マーラーの交響曲といえば、多くがその副題とともに知られています。交響曲第1番〈巨人〉もそんな作品のひとつで、この副題はジャン・パウルの小説の題名から取られました。当初は交響詩として発表されたこの楽曲ですが、1896年に交響曲として改訂された際、実はこの副題はマーラー自身の手によって取り消されています。それにも関わらず今日でもこの交響曲が〈巨人〉として知られるのは、やはり、若々しく雄大な楽曲の性格と、終楽章では9本ものトランペットが登場するような巨大な編成が、どこかで〈巨人〉の言葉を連想させるからなのかもしれません。