composer Mozart, Wolfgang Amadeus
作曲家 モーツァルト, ヴォルフガング・アマデウス
解説者 佐々木茂生
ジャンル 弦楽オーケストラ
品番 14
版型 A5 / 32頁
発売 2002年5月
税込価格 ¥648(本体価格:¥600)

編成:Vn I, Vn II, Va, Bs.

内容:Kv.136: I. Allegro, II. Andante, III. Presto Kv.137: I. Andante, II. Allegro di molto, III.Allegro assai Kv.138: I.(Allegro), II. Andante, III.Presto

モーツァルトのディヴェルティメント3曲からなる曲集です。モーツァルトは「ディヴェルティメント」という名の作品を19曲残していますが、この3曲はいずれも1772年にザルツブルクで作曲されたものです。 日本語で「嬉遊曲」と訳されるディヴェルティメントの精神にのっとり、楽しく愉快な、気晴らしのための音楽が自在に展開され、モーツァルトが若い頃から自由な作曲能力を手にしていたことがこの曲からも窺えるでしょう。 弦楽合奏はもちろん弦楽四重奏で演奏されることも多い作品で、レッスンの人気レパートリーでもありますから、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?