日本楽譜出版社の出版楽譜

日本楽譜出版社はオーケストラから室内楽に至るまで幅広いクラシック音楽のレパートリーを出版しております。国内楽譜としては当社からのみ出版されている作品も多くあり、楽譜の見やすさと手頃な値段、アマチュア愛好家にもわかりやすい解説文には定評があります。

特に近年はバルトークやラフマニノフなどの20世紀の作曲家のオーケストラ作品を他社に先駆けて出版しております。今後もいっそうカタログを充実させていきますのでご期待下さい!

楽譜お探しの方は、画面左の「楽譜のご案内」からお探し下さい!

日譜ライブラリーからあなたへ 気まぐれに紹介する1冊!

ピアノ協奏曲 第4番 ト長調

Konzert für Klavier und Orchester
composer Beethoven, Ludwig van
作曲家 ベートーヴェン
解説者 稲田泰
ジャンル 協奏曲
品番 166
版型 A5 / 141頁
発売 2013年7月
価格 ¥1300+税

編成:

Fl, 2Ob, 2Cl, 2Fg, 2Cor, Pf solo, Vn.1, Vn.2, Vla, Vc, Cb

内容:I. Allegro Moderato II. Andante con moto III. Rondo. Vivace

1805-06年にかけて作曲されたベートーヴェンの《ピアノ協奏曲 第4番》は、1807年の非公開初演を経た翌年12月22日、作曲者自身のピアノ独奏により、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場にて公開初演されました。当時、徐々に聴力を失いつつあったベートーヴェンにとって、この公開初演は人前でピアノ協奏曲を弾く最後の機会であったといいます。
1808年12月22日のコンサートでは他に、《交響曲第5番「運命」》や《交響曲第6番「田園」》も同時初演されました。このピアノ協奏曲第4番の冒頭では、有名な「運命の動機」を連想させるピアノ独奏の同音連打が現れます。当時の作曲者のアイディアに思いを馳せながら鑑賞するのもまた面白いものです。日譜のスコアでは、ベートーヴェン自身の手によるカデンツァも巻末に掲載しています。