今後の刊行予定

  • :交響的舞曲(ラフマニノフ) 2018年12月までに刊行予定
  • :交響曲〈画家マティス〉(ヒンデミット) 2018年12月までに刊行予定

※刊行予定時期は変更になる場合があります

composer Holst, Gustav
作曲家 ホルスト
解説者 伊藤康英
ジャンル
品番 413
版型 A5 /48頁
発売 2019年2月
税込価格 ¥1080(本体価格:¥1000)

編成:

2Fl&Picc, 2EbCls, 2Obs, Solo BbCl, BbCl, 1BbCl, 2BbCl, 3BbCl, A.Sax, T.Sax, 2Bsns, 4Hrns, Solo Cornet, 2Cornets, 2Trps, 3Trbs, Baritone, Basses, Per

内容:I. Prelude II. Scherzo

イギリスの作曲家ホルストは、吹奏楽作品の分野でも〈第一組曲〉〈第二組曲〉といった著名な作品を残していますが、〈ハマースミス〉もそうしたホルストの吹奏楽作品のひとつです。ハマースミスとはロンドンの西ににあるテムズ川沿いの地区の名前で、ホルストはここで長くセント・ポール女学校の教職に就きました。吹奏楽の巨匠ともいうべきホルストが暮らしたロンドン、その質感を感じさせる一曲です。

composer Prokofiev, Sergey Sergeevich
作曲家 プロコフィエフ
解説者 濱田滋郎
ジャンル 管弦楽曲
品番 387
版型 A5 /頁
発売 2019年1月
税込価格 ¥3024(本体価格:¥2800)

内容:20世紀ロシアを代表する作曲家プロコフィエフの作品のなかでも、とりわけ〈ロメオと...

20世紀ロシアを代表する作曲家プロコフィエフの作品のなかでも、とりわけ〈ロメオとジュリエット〉は広く知られています。
シェイクスピアの名作を素材としたバレエ音楽〈ロメオとジュリエット〉は、1934年のソ連からの委託によって作曲され、当時ヨーロッパに亡命していたプロコフィエフがロシアに帰国するきっかけにもなりました。彼はバレエ音楽の完成に続いてその抜粋である管弦楽第1組曲・第2組国を編纂し、さらに8年後には第3組曲を追加発表しました。今回の新刊では、これら3つの管弦楽組曲を一冊に収めてお届けします。名作〈ロメオとジュリエット〉を一望できる充実の内容、ぜひお手にとってご覧ください。

composer Schumann, Robert
作曲家 シューマン
解説者 西尾洋
ジャンル 交響曲
品番 379
版型 A5 /181頁
発売 2018年12月
税込価格 ¥1836(本体価格:¥1700)

編成:

Fl2, Ob2, BbCl2, Fg2, Cor4, Trp2, 2Timp, 弦5部

内容:I. Lebhaft (Vivace) II. Scherzo. Sehr mäßig (Molto moderato) III. Nicht schnell (Non presto) IV. Feierlich (Solenne) V. Lebhaft (Vivace)

ロマン的な性格の強い歌曲や小品で知られるシューマンは、交響曲についても4つの作品を書き残しています。なかでも交響曲第3番は〈ライン〉の通称で知られており、その素材にはシューマンが愛用した妻クララの音形が用いられました。管弦楽法の面では熟達していなかったという評価も聞かれるシューマンですが、その楽器法をむしろ独自の個性と捉えれば、そこに新たな価値を見いだすこともできましょう。

以前の新刊